オープンショルダートップス&ワンピースコーデ

昨年に引き続きオフショルダーのトップスがトレンドですが、「着てみたいけど、勇気が出ない」「肌を見せる自信がない」「インナーに何を着ればいいのかわからない」など、お悩みが多いですよね。

特に大人は肌を露出しすぎると下品に見えてしまいやすいので、悩むところ。

そんなお悩みをお持ちの方におススメしたいのが、オープンショルダー。

肩から上を見せるオフショルダーよりも、ちらっと肩を見せるオープンショルダーの方が、露出控えめなのに色っぽく、女性らしさが引き立つこと間違いなし!

それでは、おすすめのオープンショルダーを使ったコーデをご紹介します。


オープンショルダー×パフスリーブ

Riiisaさんの(LEPSIM|レプシィム)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/risasa0531/10067555/

オフショルダーよりチャレンジしやすいのが魅力のオープンショルダーはシーズンムードを演出できる夏のおすすめトップス。
華奢な肩をだし、二の腕はボリューム感のある袖が隠すので細見え効果も◎
トレンド継続中で大人っぽいテラコッタを選べば、甘すぎず、大人な着こなしに。
デニムと合わせて、大人カジュアルな装いを楽しめる1枚です。

manaさんの(SLY|スライ)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/manachin/10020959/

こちらもホワイトのオープンショルダートップスにデニムを合わせたシンプルコーデ。
オープンショルダートップスが女性らしさを引き立てるので、スポーツサンダルにキャップといったボーイッシュ要素を取り入れても偏りすぎることなくバランスが取れますね。
袖にかなりボリュームがあるので、裾をデニムにインしてすっきり見せています。
インすることで、脚長効果もありますよね。

オープンショルダー×フリルスリーブ

&りっちさんの(MOROKOBAR|モロコバー)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/iwts2777/9937583/

黒とベージュで大人カラーを意識したコーデ。
オープンショルダートップスは袖がフリルスリーブなので、黒を選んで甘すぎ防止。
オフショルダーよりもヘルシーな肌見せがかなうオープンショルダーなので、歩くたびに足首がちらりと見えるスリットの入ったワイドパンツで色っぽさをさらにプラスしています。
レースアップシューズで上品に仕上げて。

INDEX|indexショップスタッフさんの(index|インデックス)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/index58/9575131/

オーガンジーを重ねたスリーブにちらりと肌見せさせるオープンショルダーが女性らしいトップス。
ボトムはスカート見えするボリューム感のあるシルエットが魅力なワイドパンツで、動くだびに揺れるプリーツがフェミニンな着こなしを演出します。
トップス、ボトムがホワイトで軽めの印象ですが、太ベルトで引き締め、サボサンダルで重心を下に持ってきてバランスのとれたコーデになっていますね。


オープンショルダー×ワンピース

asaMi◡̈⃝⋆*さんの(chapter world|チャプターワールド)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/uminchu3104/10079672/

袖がフレアなタイプのオープンショルダーワンピースを使ったコーデは、1枚で女性らしい着こなしが完成!
この色味で普通の袖のワンピースだと重くなってしまうし、古くさいイメージになってしまいますが、オープンショルダーなら肩のチラ見せで抜け感が生まれ、今年っぽさもプラスできます。
ネイビーに赤のバックは高相性でお互いを引き立てあっています。
スポーツサンダルが外しアイテムになっていて◎

31 Sons de mode♡|Haruka.さんの(31 Sons de mode|トランテアン ソン ドゥ モード)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/haruka31/9478060/
ふんわりとしたディテールが女性らしいワンピース。
ウェストがゴムで着心地もラクな上、ブラウジングしてのスタイルもおススメの1枚です。
肩のリボンが甘い雰囲気を強調するので、デートに着ていきたいワンピースですね。
甘い雰囲気を存分に引き立たせるレースアップパンプスはトレンド感があり、黒のスエード素材が大人っぽさを演出しています。

オープンショルダー×花柄

ZOZOTOWN|Kiiさんの(PLAIN CLOTHING|プレーンクロージング)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/wear10051/10043934/

オープンショルダートップスがそれ1枚でデザイン性があるので、無地のものが多いのですが、花柄も個性が出て良いですよね。
落ち着いた色味の小花柄が大人っぽさも出してくれるブラウスは、カジュアルな雰囲気にもぴったりです。
クラシカルな小花柄なので、シンプルにデニムに合わせてもおしゃれに決まります。
ワイドパンツや長めのスカートに合わせるのもオススメです。

Creamさんの(TIENS ecoute|ティアンエクート)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/keiko9615/10018962/

着用しやすい肩ひも付きのシンプルなデザインブラウス。肩ひもで肌の露出を控えめに。
程よいフレア袖も二の腕をカバーする安心丈が魅力。
肩ひも付きだとオフショルダーにありがちな着ているうちにずれてくるというストレスもありませんので、安心感が違います。また、インナーが見えにくいのもおススメです。
こちらのようにフレアデニムに合わせるときは、裾をインしてすっきりとした着こなしにするとバランスが良いですよ。

オープンショルダー×リボン

*chii*さんの(niko and...|ニコアンド)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/chiakingyo1026/10075428/

肩にリボンのついたデザインのオープンショルダートップスなら、肩が華奢じゃない方も大丈夫!
肩のリボンが視線を分散させてくれるので、華奢にみせてくれますよ。
爽やかなブルーに白のパンツを合わせて、夏に着たい爽やかコーデに仕上がっています。
足元もトレンドのプラットフォームサンダルで、今年っぽい着こなしに。

SIZUさんの(VANS|バンズ)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/sizu0618/7137559/

こちらも肩にリボンのついたタイプですが、生地がTシャツ生地なので、カジュアルな雰囲気です。
オープンショルダーで華奢さをだしていますが、さらに存在感のあるワイドな幅でボリューム感のあるバングルで華奢さを強調しています。
スニーカーの赤とバッグに巻いたバンダナの赤がアクセントになり、おしゃれに見せてくれていますね。


オープンショルダー×サロペット

micchiii☻さんの(adidas|アディダス)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/micchi0109/10114399/

オープンショルダーで露出は少なくても、やっぱりまだ少し気になる・・・なんて方は、サロペットを合わせてみては?
サロペットの肩ひもが少し肌見せ面積を減らしてくれる上に、おしゃれ度もグンとアップするので、ぜひ試してみてください。
サロペット、スニーカーとボーイッシュなコーデにオープンショルダーで程よく女性らしさをプラスしています。

ZOZOTOWN|Kiiさんの(PAGEBOY|ページボーイ)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/wear10051/10043939/

カジュアルなオープンショルダーにマニッシュなサロペットを合わせてきちんと感を演出しています。
サロペットのサイドのレースアップがポイント。
シルバーのバレリーナシューズが目を引き、コーデ全体を格上げしていますよね。

まとめ

オフショルダーに比べて肌の露出の少ないオープンショルダーなら、下品になりすぎず大人な雰囲気を演出できちゃいます。

袖にボリュームのあるデザインが多いので、二の腕カバーにもなりますし、肩に紐があるタイプならインナーも選びませんし、迷わずさらっと着こなせますよね。

ボリュームのあるトップスなので、ボトムはシンプルにワイドパンツやデニムを合わせるだけでお手軽コーデができちゃうところもポイントです。

今年の春夏は肩をチラ見せでヘルシーな色気を感じる女を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。