レギンスコーデ2017はダサい? 秋冬コーデ レディースおしゃれな着こなし

レギンスと聞くと「ひと昔前のものでしょ?」「レギンスなんてダサい」と思う方がいるかもしれません。

実は違うんです!今、レギンスはおしゃれな人の間でじわじわきているアイテムなんです!

今取り入れることで、2017年の流行の先取りができちゃうので、トレンドコーデをマスターして周りと差をつけちゃいましょう♪


レギンスの2017年の着こなしのポイントは?

レギンスがきているからといって、ひと昔前に流行った膝丈のボトムの下に合わせるコーデではいけません。
それでは「ダサい!」と言われてしまいます。

2017年の着こなしのポイントは、ロング丈のワンピースやスカートから少しチラ見せしたり、ビッグシルエットのトップスの下にボトムとして合わせるのがこれからの着こなしです。
また、今年はオフショルやオープンショルダーなど肌を露出するトップスが多いので、あえて足元は露出を控えめにした方が大人っぽく決まりますよ。

スキニーデニム感覚で取り入れると上手く今年っぽく着られますので、挑戦してみてください。

それでは、レギンスを使ったコーデをご紹介します。

レギンス×ワンピース

しずさんの「フットベットリボンサンダル(Discoat Parisien WOMENS|ディスコートパリシアン)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/sszz9981/10542257/

ネイビーのひざ下丈のワンピースにネイビーのレギンスを合わせたコーデ。
ネイビーはこの秋のトレンドカラーなので、ネイビーとレギンスの2つのトレンドアイテムを使った旬のコーデになっています。

こうさんの「ボアトートバッグ(RETRO GIRL|レトロガール)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/koumai/9093369/

ニットIラインワンピースにグレーのレギンスを合わせたコーデ。
ライダースや、ニットワンピの色が重めのダークトーンなので、グレーのレギンスを合わせることで抜け感が出ています。
ピンクのボアバッグや星柄のマフラーといった小物で遊びを加えていて◎

asaさんの「ニューハッタンキャップ(meJane|ミージェーン)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/sakurasakurasakura/10548497/

サイドにスリットの入ったワンピースにグレーのレギンスを合わせたコーデ。
ワンピースが黒なので、定番の黒のレギンスだと重くなってしまいますが、グレーを選んでいることや、ノースリーブで肌を見せることで抜け感が出てコーデ全体のバランスがよくなります。

welina*さんの「BY∴ マクラメフリンジボトルバッグ -2WAY-(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS|ビューティアンドユースユナイテッドアローズ)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/welina0620/9938490/

中花柄と小花柄の2種あり、1枚で女性らしくおしゃれに決まるワンピース。
ワンピース1枚でもおしゃれに決まりますが、レギンスをチラ見せすることでぐっとこなれ感がプラスされます。
女性らしい花柄ワンピースにはスポーツサンダルを合わせて、メンズ要素を加えてます。

Ł♡(ぁぃ)νЁさんの(Me%|ミィパーセント)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/lvexxxx/9551268/

モードに決めるなら、モノトーンで統一して。
大き目サイズのブルゾンや、ひざ下丈のワンピースでビッグシルエットを作って、足元はレギンスで引き締めてメリハリをつけています。
サングラスやバッグなど小物もブラックで揃えることで、クールな印象に仕上がっていますね。

たま☆さんの「NEW HATTAN/ニューハッタン ツイル6パネルキャップ ローキャップ/ラルフキャップ/ポロキャップ/ベースボールキャップ(ROOPTOKYO|ループトウキョウ)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/tamamamama/10556130/

ボーイッシュな着こなしにはキャップを合わせて。
Tシャツ素材のひざ下丈のワンピースにレギンスを合わせて、足を細く見せています。
全体的にボーイッシュな印象ですが、ピアスやサンダルにパールを足したり、ワンピースがVネックなので、女性らしさをプラスしています。

工藤春佳さんの「【予約】<6(ROKU)>COTTON MIX HALTER BRA/ニット(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS|ビューティアンドユースユナイテッドアローズ)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/happpiness76/9829826/

シャツワンピースにニットブラでレイヤードスタイルにしたコーデ。
レギンスの色をグレーにするだけで、全体のイメージが柔らかくなるので、女性らしさが引き立ちます。
バックや時計の小物でゴールドをプラスすることで、カジュアルコーデに高級感をプラスしています。


レギンス×ロングスカート

Hallelujahさんの「半袖Tシャツ(adidas|アディダス)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/keeekooo0811/10523082/

ロングスカートにレギンスを合わせるだけで、今年っぽい着こなしの完成です♪
あとはカジュアルにTシャツを組み合わせれば、コーデが簡単に完成するので、時間のない日のコーデにもおすすめです。

MARIKO◡̈⃝さんの「COLOR TWIL CAP(nano・universe|ナノユニバース)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/mariko0121/10325381/

ロング丈のレーススカートにビッグロゴのTシャツを合わせた大人のカジュアルコーデ。
ふわりとしたシルエットのロングスカートにレギンスを合わせることで足首が強調されて細く見せることができます。
サンダルはロゴTシャツに合わせて白にすることで統一感が生まれます。

Ł♡(ぁぃ)νЁさんの「WOOLパイピングベレー帽(SLY|スライ)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/lvexxxx/9240373/

スポーティかつモードな印象のコーデ。
白のラインの入ったレギンスやインパクトのあるロックTシャツでスポーティ要素を、ダークトーンのメイクやサングラスでモードな要素を上手く取り入れています。
全身をブラックでまとめていますが、ボリュームシルエットのベージュのコートで軽さをプラスしています。

natsupooさんの「リバーシブルボアMA-1(Ciaopanic|チャオパニック)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/natsu0315/9180962/

MA-1にロング丈のチュールスカートを合わせた甘辛MIXコーデ。
足首にのぞかせたレギンスは、光沢のある素材であまり見ないデザインなので、少ししか見えていないですが、おしゃれ感が漂います。

レギンス×ビッグシルエットトップス

IKUmamaさんの「NEW HATTAN/ニューハッタン ツイル6パネルキャップ ラルフキャップ ポロキャップ(ROOPTOKYO|ループトウキョウ)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/277035/10529103/

ビッグサイズのTシャツをワンピース風に着こなし、グレーのレギンスを合わせています。
夏から秋に変わる微妙な気温の日でも、ファーサンダルを合わせることで秋要素をプラスすることができます。

Ungrid|知久友里恵さんの「ルーズチェックシャツ(Ungrid|アングリッド)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/un_yurie/10541904/

チェック素材を使用したルーズサイジングのシャツにレギンスを合わせたゆるゆるコーデ。
チェックシャツはざっくりとしたシルエットなので、体型カバーにも◎
休日のリラックスしたい日におススメのコーデです。

yukoさんの「[ALLUMER / アリュメール] ビックシルエットビンテージTシャツ(ALLUMER|アリュメール)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/yuko3776/10343459/

ヴィンテージライクな仕上がりのビッグシルエットTシャツにレギンスを合わせたコーデ。
スニーカーやメッシュ素材のトートバッグでスポーティな印象に仕上がっています。
髪もゆるっとお団子にまとめていて、コーデにぴったりです。

shino◡̈*❤︎さんの「Dieu(ディュウ) ベレー帽(Dieu|ディユウ)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/shino1226/10010824/

丸みを帯びたきれいなシルエットのビッグサイズシャツに2本のラインの入ったレギンスを合わせたカジュアルコーデ。
レギンスにラインが入ることで縦ラインが強調されて、足を細く見せてくれます。
一見するとレギンスがスポーティ&カジュアルな印象ですが、チェーンのついたショルダーバッグが高級感をプラスして、大人なコーデになっています。

スキニーデニムの代わりに

chikaさんの「via j (ヴィアジェイ) BIGデニムGジャン(via j|ヴィアジェイ)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/chikaa25/9857985/

肩を落として着れるような、ルーズなサイズ感がポイントのデニムジャケットを合わせたコーデ。
あえて少しゆったりめの仕様で、ボーイッシュさをプラスした1枚にスキニーの代わりにレギンスを合わせることで、今年らしさをプラスしています。
シンプルな着こなしですが、足元のスリッパサンダルがパンチの効いたデザインなので◎

Oo.hiro.oOさんの「ロングニットカーディガン(STYLENANDA|スタイルナンダ)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/xohiroxo/8942826/

肌寒い季節にはロングニットカーディガンにリブ素材のレギンスを合わせて。
リブ素材なので、見た目にも暖かさをプラスできますし、リブ素材で着心地がいいので、休日のリラックスコーデにおすすめです。

Oo.hiro.oOさんの「7GワイドスリーブプルオーバーLS/707769(JEANASIS|ジーナシス)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/xohiroxo/9307728/

ホワイト×グレーでまとめたカジュアルコーデ。
ワイドリブがポイントのニットの下から白シャツをプラスすることで、コーデがワンランク上に。
ベレー帽、サングラスの小物でさらにオシャレ度を上げています。

みーさんの「DOORS ダウンライナーモッズコート(URBAN RESEARCH DOORS WOMENS|アーバンリサーチ ドアーズ ウィメンズ)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/mememe1120/9497547/

adidasのロゴが入ったレギンスを使ったスポーティな着こなし。
ごつめのスニーカーでさらにスポーティさをプラスしていますが、少し光沢感のある素材やゴールドジップ、スッキリとまとまったシルエットなど、モッズコートながらも上品な印象のアイテムを選んでいるので、女性らしさも加わってバランスのよいコーデです。


まとめ

いかがでしたか?

今から取り入れることで、周りの人と差をつけることができるレギンスを使ったコーデをご紹介しました。

今年の着こなしのポイントは、ロング丈のワンピースやスカートから少しチラ見せしたり、ビッグシルエットのトップスの下にボトムとして合わせること!

是非明日のコーデに取り入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。