ベレー帽 かぶり方からコーデまで完全マスター

おしゃれの定番!ベレー帽!

最近は冬だけでなく、夏にもかぶっている人を良く見かけるようになりましたよね。

だけど、ベレー帽ってかぶり方のバランスが難しくて、敬遠してしてしまっている方も多いのでは?

そこで今回はベレー帽のかぶり方や、季節に合わせたベレー帽コーデをご紹介します。


ベレー帽のかぶり方

苦手な人のかぶり方

【深くかぶり過ぎの人】
まっすぐ上から乗せて、頭を固定するフチ部分を全体的に見せるようにすっぽりとかぶっている人が多いみたい。フチは必ず一部〜全体的に折り込むようにしてみて。

【浅くかぶり過ぎの人】
じゃあ浅くかぶればいいやって言うと、それもNG。頭の上に乗ってるだけ感が出てしまうし、歩くと落ちやすくなって良いことなし。適度に頭を包むように入れましょう。

今年っぽいかぶり方

mikiさんの「FILT: ネットバッグ(SHIPS Days|シップス デイズ)」を使ったコーディネート yukaさんの(ZARA|ザラ)を使ったコーディネート
今年っぽいかぶり方は、前髪をすべて入れておでこを見せるかぶり方。
前髪をスッキリきれいにベレー帽にしまって、おでこを広く出せば大人っぽくオシャレに決まる!
さらに、こなれ感が出てしまりある印象に。

春コーデ

yukiさんの「liflattie ships:タイプライター ビッグシャツ(liflattie ships|リフラティ シップス)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/pjtamug/9843932/

同系色のくすみカラーで全体を統一したコーデ。
バッグやベルトで黒を入れて、ところどころ締め色を使用していて、コーデ全体を引き締めています。
清涼感のあるサーモベレーは、春夏のスタイルにピッタリのアイテム。
前髪をすべてベレー帽に入れたかぶり方で大人っぽく決まっていますね。

satopoo さんの「レースキャミソール(PAGEBOY|ページボーイ)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/baby3baby/10330151/

フラワープリントとふんわりと膨らむパフスリーブがロマンチックなワンピースはクラシカルな雰囲気でベレー帽とベストマッチ。
ベーシックなフォルムのベレー帽はどんなスタイルにも合わせやすく、ワンポイントを加えたい時にも重宝しますよね。
クラシックな雰囲気をスニーカーでカジュアルダウンして。

Chinatsu♡さんの「BackテールデザインオーバーSH(MURUA|ムルーア)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/oda06090430/9734148/

ベレー帽のプレッピーな雰囲気をそのまま活かしたイギリスの学生のようなコーデ。
コーデ全体は、ジーンズやシャツといった制服のようなコーデで、子供っぽくなりがちですが、ベレー帽のかぶり方が大人っぽいのでこなれ感が出ています。

陽さんの(ZARA|ザラ)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/yoahiru35/9383718/

ベレー帽を深めにかぶって、片側だけ髪を垂らしたアシンメトリーなかぶり方が上級者っぽい!
丸メガネやだぼっとしたデニムで遊びをいれてカジュアルな印象なので、スニーカーでカジュアルにまとめてもいいですが、ハイヒールにすることでレディ要素をプラスしています。

mikiさんの「《予約》DUSTERリネンツイルコート(Deuxieme Classe|ドゥーズィエムクラス)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/sanki0102/9809803/

今年流行のロゴTシャツを使ったコーデ。
ロゴTシャツやメガネでカジュアルに。
ロングカーディガンでIラインを強調しているので、ぺたんこバレエシューズでも背が高くすらっと見えます。
モノトーンの中に、赤のバレエシューズが効いています。


夏コーデ

Sato*さんの「フラワープリントスキッパーブラウス(ViS|ビス)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/sato31053105/10099306/

エスニックテイストを感じさせる配色とイエローベースの小花柄がポイントのブラウスは夏にぴったり。
通気性もよい春夏素材のコットンベレー帽なら夏の暑い日でもOK。

maiko さんの「<LEVI’S>ロゴTシャツ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS|ビューティアンドユースユナイテッドアローズ)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/moimaru6/10366202/

ネイビーと白の王道爽やかコーデ。
ロゴTシャツの赤がポイントになっています。
ベレー帽は前髪をすべて入れてすっきりとかぶっているので、暑い夏でも爽やかな印象です。

Chii🌈さんの(URBAN RESEARCH|アーバンリサーチ)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/chicchi0202/10362442/

ブラウントーンで統一したコーデ。
プリーツスカートがカラフルで合わせるのが難しそうですが、スカートの中の1色を取ってトップスに持ってきているので、バランスが取れています。
ベレー帽をかぶることでこなれ感が出ています。
前髪を出してクラシカルな印象に。

Kazumiさんの「<Steven Alan>BLADE BERET/ベレー帽(Steven Alan|スティーブンアラン)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/kazumi0728/10325953/

浴衣にもベレー帽は合うんです!
浴衣にベレー帽を合わせることで、一気に他の子と差をつけることができますよ。
浴衣=夏なので、ベレー帽の素材も夏っぽいものを選んで。

YUKIさんの「【CLASSY.6月号掲載】デニムフリンジフレアパンツ 751487(apart by lowrys|アパートバイローリーズ)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/ys17/10293388/

全体的に後ろに傾け、浅めに被るのも簡単でオススメ!
トップにボリュームができ、バランスを取りやすいので挑戦しやすいかぶり方です。
シンプルコーデにベレー帽があるだけで、ぐっとおしゃれに決まりますよね。

Chii🌈さんの(URBAN RESEARCH|アーバンリサーチ)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/chicchi0202/10315148/

簡単にこなれ感が出るのが、ななめかぶり。傾けることで動きが付くのがポイント。
夏にぴったりの淡い涼しげな水色でまとめたコーデ。個性的なファッションにもベレー帽は、はまります。

秋コーデ

村田倫子さんの(Casselini|キャセリーニ)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/muratarinko/4844964/

秋になって涼しくなるとフェルト地のこっくりカラーのベレー帽が多くみられますよね。
ワンピースのクラシカルな雰囲気に合わせて、ベレー帽を深めに被ることでクラシカルを演出しています。

kaene|kaeneSTAFFさんの「ドットチュール インナーブラウス(kaene|カエン)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/kaene/8089750/

結婚式の2次会などの、フォーマルなシーンにもベレー帽が強い味方になってくれます。
レースで透ける袖のレディなワンピースに合わせて、ベレー帽やピアスの小物も黒で統一してガーリーながらクールな印象に。

miisuuzuukiiさんの「Ray BEAMS / コットンベレー(Ray BEAMS|レイビームス)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/cloud9nail/5118066/

後ろに傾けて浅めにかぶるとガーリーな雰囲気に。
ネイビー×カーキで落ち着いた秋カラーのマニッシュスタイル。
シューズもレースアップでおじさんっぽいスタイルですが、ベレー帽で程よくガーリー要素をプラスしています。

miho🅰ニコさんの「ボリューム袖ミラノリブニット(couture brooch|クチュールブローチ)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/miho373/8228959/

涼しくなってきたら、素材にこだわってファーを使用したベレー帽はいかがでしょうか?
パンプスやバッグにもファーを取り入れて、見た目から暖を取り入れて。
ベレー帽はややうしろに倒すことでべレー帽と前髪のバランスも取りやすいので、前髪の短い方にはおすすめのかぶり方です。

冬コーデ

まるちわさんの「ロングチェスターコート(GU|ジーユー)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/19690129tj/8917869/

後ろに重心をずらしてかぶる「うしろ倒し」も可愛いですよ!
トップにボリュームができ、バランスを取りやすいので挑戦しやすいかぶり方です。
前髪を強調してかわいく見せて。
顔周りは可愛さを強調していますが、コーデ全体は大人っぽくまとまっているのでバランスが取れています。

Hallelujahさんの(UNIQLO|ユニクロ)を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/keeekooo0811/9294906/

グレーとブルーで統一したカジュアルコーデ。
ベレー帽の上についたファーのぽんぽんが可愛らしいですよね。
ファーがあることで一気に暖かそうな雰囲気が出て、冬には1つもっていたいアイテムです。

maiさんの「DOORS 9分丈デニムパンツ(URBAN RESEARCH DOORS WOMENS|アーバンリサーチ ドアーズ ウィメンズ)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/maistyle/8721729/

ニットにデニムのシンプルコーデには、派手目のレオパード柄のノーカラーコートを合わせて。
ノーカラーコートと、前髪を入れて後ろ目に深めにかぶったベレー帽で大人な雰囲気になっています。

eriさんの「【BACK NUMBER】ファーベレー(Right-on|ライトオン)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/eririn58/8861280/

チェスターコートにサイドゴアブーツでレトロ調なコーデ。
かっちりした雰囲気のコーデですが、ベレー帽がファー素材ではずしになっています。
丸メガネで遊びを加えていて◎


まとめ

ベレー帽のかぶり方と季節に合わせたコーデをご紹介しました。

かぶるだけでコーデがおしゃれに決まるベレー帽はマストハブアイテム。

1年を通して楽しめるアイテムはそうそうないので、年中使える素材のものを持っておくと重宝すること間違いなしです。

ベレー帽のかぶり方で大人っぽくしたり、ガーリーにしたりと雰囲気がかわるので、その日のコーデに合わせてかぶり方を変えるとコーデに幅が出て楽しいですよ。

いつものコーデにベレー帽をプラスしてこなれコーデを楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。